偏向分析をなくし勝率アップ

By: sangenjaya | Date: 2015年12月3日 | Categories: 一発逆転を狙える!!

よくFXをしている知人に聞かれるのだが、取引をする際にテクニカル分析を重視しているのかファンダメンタルズ分析を重視しているのかとよく投げかけられるのですが自分の答えはどちらにも偏っていないという答えです。
どちらもFX取引を行う上で厳かにできない要素です。
ただチャートの分析は勉強すればある程度のレベルにもっていくことができそれだけでも十分取引で利益を上げる事ができると思いますが、為替相場は情報戦です。

FXの法人用口座を用意している業者は日本国内だけでも多数存在しています。ご存知の通り、FXの個人口座においては規制によってレバレッジが最大25倍までと制限されています。

しかし、法人口座に制限はありませんし、税制面でも(多少は)有利です。そのため、高レバレッジでリスクは高くなりますが、その分ハイリターンが期待できるので、今、注目を集め始めています。
出典:FX法人口座のおすすめランキング※ハイレバレッジ取引が魅力

経済成長率や物価指数、金利水準や政治情勢まで経済の諸要素は常に変化し影響を与えていきます。
これらの情報をしっかり掴み、精査し流れを把握するというのは実は非常に難しい。
そこから今後の推移を予想するのはもはや長年の経験以外に体得する方法はないのではないかと思いますが、たびたび起こる暴落暴騰はファンダメンタルズの分析で回避できるか予想ができる案件だと思います。
どちらの分析に偏らずどちらも取り入れていく事でおのずと利益がアップし損失ダウンに繋がっていくと信じています。

FXは勝率の高い取引だから、負けても負けても、お金が貯まり次第また入金してやってしまいます。
しかし、これまで通算してみれば、負けています。
負け越す要因はよくわからないですが、どういうわけか納税の段階になってくると、そこで大きく負けます。
納税するということは、FXで取引してこれだけ収益を上げたという記録が残ります。
そこのところの記録が残ってもかまわないのかどうかです。

勤めている企業には、おそらくFXによる所得は納税額の変動でわかります。
聞くところによると、公務員は副業禁止、でもFXは副業ではないということです。
だから、公務員でもFXをやっているのではないかなと思います。

FXは通貨のレートを動かすという市場価格のようなもので、輸出入をしている企業に影響を与えます。
だから、ニュースにもなるし、現在のレートによっては企業の収益が上がったり下がったりします。
その辺りが外国為替取引の面白みなのかもしれません。そして取引しやすいシステムです。

インターネットビジネスの話はそういった環境にいると自然に聞きます。
自分はインターネットビジネスに興味を持っていてFXなどのジャンルも知っていました。
これは初心者でも儲けられるという話題があったので興味を持つのは自然でした。
私はインターネットの様々なコメントを見てFXがどういった内容かを発見していきました。
実際のFXは複雑な専門用語が多くて勉強をするために時間が必要でした。
その専門用語にはスプレッドやスワップポイントなどがあったのでやがては理解しようとしました。
しかし確実に勝てる方法を探すのがこの時の重要なことだったと思います。
私はインターネットでFXを検索して必勝法やマネートレードのテクニックを探しました。
初心者がFXを成功に導くためには運とその場の判断力が重要でした。
こういう力は自分には備わっていないので少し考えました。
マネートレードでは運の要素が強くてある意味では賭けでした。
仮にそういった試練にもチャレンジできるならFXはお勧めだと思います。